トップページ

平成30年4月上旬近況報告

 
 
 

今冬は、雪と寒さに耐えた珍しい年になりましたが、日が上がるのが早くなり日差しも
暖かになり身体の力も緩んで来ましたが、もう4月になり新年度がはじまりました。
本州では櫻も散り、躍動感あふれる季節となります。
今月は、4回の上京と石狩湾新港管理組合議会の沖縄港、金沢港の視察で忙しくなります。


1日、京都へ、師匠地崎宇三郎先生の京都分骨記念が2日朝となっており、奥様京子夫人、亡妻の月命日でありお参りに伺いました。



2日、朝、西本願寺大谷本廟へ参拝に、9時半読経開始です。神妙に手を合わせ報告とご冥福を祈りました。爽やかな気分で庭を散策し櫻も散りいささか寂しい限りです。
亡き京子夫人から、もういいよと言われたことがありますが、議員のうちはお参りさせて頂きますとお応えしたことがあります。議員は4月の始まりは議会も終わりほっとした時ですし、良い時4月に京都分骨記念として頂きました。
円山公園を廻りましたが、やはり櫻は散っています。馴染みの小屋でおでんを食べようと思ったらもう、5年くらい前に閉店になっていました。気がつかなかった。
昼の新幹線で東京です。


夜、駐ベトナム大使館 フォン大使閣下から日越友好北海道議員連盟役員がご招待を頂き大使館に伺いました。30分ほど会談致し、3月ダナン市訪問ホー・キー・ミン副市長と会談したこと、ダナン大学訪問し意見交換、クアンナム省訪問したこと等お話しました。その後の会食となり有意義な2時間半となりました。



3日、朝早い便で来札、昼からの議員総会、経済委員会に出席しました。
その後、打ち合わせ等で夕方まで議会へ


4日、朝、北方領土対策特別委員会、打ち合わせ。午後地方路線調査特別委員会で
質問させて頂きました。

夕方、札幌市の機関と打ち合わせ。


5日、札幌医科大学定期検査、異常なしでした。


6日、事務所に出て来客対応、書類整理です。


7日、夜、連合後援会会長 安斎勲さん達のダンディー4の第28回目のリサイタルデーナーSHOWに参加しました。4人の皆さんの平均年齢は78位になるとのことです。
しかし、素晴らしい歌声で感動しました。来年も是非参加します。


8日、午後からある団体の集いがあり参加しました。


9日、午前、札幌市の幹部と懇談しました。
午後から事務所で打ち合わせと来客対応を致しました。


10日、午前、つばめグループ社長 安斎允さんのお別れ会に出席し、献花をさせて頂きました。様々お世話になった方です。面倒をみて頂きました。決断がはやく行動力があり、敵をつくらない気配りの方でした。多くの方々が悲しみました。残念です。心からご冥福をお祈りいたします。

午後、事務所で書類整理をしました。来客対応。


11日、午後、石狩湾新港管理組合議会議員の視察の予定が入っておりましたが、私は現地管理組合で説明を受け知事室へ、ベトナムホーチミン・フォン市長が知事表敬に
日越議連会長として立ち会いました。今後の交流の在りからなど提案があり、知事のホーチミン訪問を要請されました。

夜は、ホーチミン・フォン市長一行歓迎レセプションに出席しました。楽しい宴でした。

皆で記念写真をとり、最後は私から乾杯の音頭の指名があり訪問団を舞台に上がって頂き、最後はフォン市長のワイ、ハイ・バー・ヨーの乾杯をお願いしました。盛り上がりました。



12日、事務所で書類整理。
夜は、さっぽろ芸妓育成振興会(北海道観光機構堰八会長)総会と懇親会に出席しました。北海道・札幌観光には芸妓さん達の芸は必要不可欠であり、新人芸妓さん達を育てようとするものです。今年は三人の芸妓さんは公募の中から選ばれ、経済界が資金をだして3年間支援をするとするものです。今年も募集しますので来年もお披露目があると信じたいです。現在札幌芸妓組合は14名でうち新人が3名です。国内外の観光客の皆さんに喜んで頂けるでしょう。頑張ってほしい!




13日、上京です。
東京で、地崎道路株式会社創立50周年記念祝賀会がありました。10年前に岩田・地崎ホールデングの傘下に入り地崎資本が入っておりませんが、初代地崎宇三郎社長秘書として丁重なるご案内を頂きましたので、東京と、20日にある祝賀会に出席します。又、参議院議長伊達忠一先生がお忙しい中駆けつけて頂き祝辞を頂きました。両会場とも祝杯の音頭のご指名を受けました。


夜は、少林寺拳法グループ宗由貴総裁幹部と食事をしながら懇談を致しました。
創立70周年のお祝いとお疲れを癒すため、北海道生まれのシェフが経営する中国料理店にご案内いたしました。様々なエピソード等お聞かせ頂き楽しいひと時でした。



14日、朝、帰札致しました。

夜、長年の後援者故木村勤さんが亡くなり、葬儀委員長を務めさせて頂きました。
仕事熱心で、人の面倒見は人一倍な方でした。今は息子さんが後援会に役員をして下さり私を支えてくれております。感謝です。

息子も勤務先から帰札しておりましたので、夕食を共にし近況の情報交換を致しました。


15日、故木村勤さんの本日の葬儀で昨日のお通夜で葬儀委員長を務めさせて頂きました。ご冥福をお祈り申し上げます。


16日、上京です。午後、台北駐日経済・文化代表処(日本との国交がありませんが
実質的には駐日大使館です)謝長廷代表を道議会日台親善議員会13名が表敬訪問致しました。和やかなうちの情報交換をいたしました。インバウンド53万人のお礼と今後の北海道と台湾の交流促進を協力的に行うことで合意しました。

夜は、台北駐日経済・文化代表処の幹部をご招待して北海道料理を堪能頂きました。




17日、午前、東京中華学校を訪問致しました。
王監督や、陳健一シェフ、ジディオングさんが通った学校です。小学校・中学校・高等学校の一貫教育です。中華民国国籍(台湾籍99人。中国国籍64人。日本国籍211人外国国籍18名で393名が生徒です。
教育方針は語学教育を重視し中国語・日本語・英語はしゅかり勉強しるし、小学校から話し書ける通訳が出来るようにする。品性の教育の実践と自己管理、道徳教育を重んじる、父母に従い、師と友を敬う心に教育を重視、良質な教育で学力の向上、生徒の成績向上で一貫教育のカリキュラムで理想の学校と考える。
廊下には、生徒の日本語。英語。中国語で書いた作文を飾ってある。
小学校2年生の国語の授業を拝見者した。校長先生が中国語で話したことを生徒が日本語で訳して私たちに話してくれました。日本語したわからない私たちは何をしてきたのだろうかと考えさせられた。
只、敷地が狭いことでプールがないこと、給食がないことだと校長が弱点を話す。
最後に、皆で玄関で記念写真です。ありがとうございました。

午後の飛行機で帰札しました。
夕方から事務所で連絡など書類整理を致しました。


詳しくはこちら