トップページ

近況報告   令和3年11月上旬・下旬

寒くなって来ましたが、例年からするとまだ比較的温かなと思います。
街路樹にまだ葉が茂り青みが残っております。これが枯れると本格的な冬となり雪が降ります。春夏秋冬と季節がありますが、苦手な晩秋です、心さみしくものの哀れさを感じます。冬になると、これを乗り越えれば春がくると元気が出ます、そんなサイクルを過ごしております。岸田第2次内閣が発足し、看護師、保育士の給料アップを打ち出しました。あまり政治の光が当たらなかったところに光を当てました。良かったと思います。
これからも、光が当たらいで頑張っている方々に光を当ててあげて下さい。
美味しい料理を食べて元気をつけましょう。


6日、オフ


7日、オフ


8日、朝、議会へ、10時、決算特別委員会企業会計出席。夕方まで。


9日、朝、眼科へ、議会へ、10時、決算特別委員会各部審査、昼、台北経済文化代表札幌分署粘処長達と道議会日台親善議員会幹部との昼食会で今回は、台湾側からのご招待を受けました。
議会へ戻り、決算特別委員会各部審査夕方まで。

アサヅマ会長朝妻邦夫さんが突然ご逝去され、お通夜に伺い焼香させて頂きました。
お世話になって居りましただけに残念です、ご冥福をお祈り致します。


10日、朝、議会へ、10時,決算特別委員会各部審査夕方まで。



11日、朝、師匠、故地崎宇三郎先生の祥月命日で、お墓にお参りして来ました。
昭和62年11月11日、68歳でご逝去されました。数々の功績を残され政治家・経済人・芸術文化人、福祉人として活躍されて来ました。自らも足に障害をお持ちで行動に辛さもあったのですが、決して人には辛さを見せず頑張って来ました。特に、弱い立場の人には政治の光を当てました。北海道の隅々まで知りつくし、選挙区外のことも手助けして来ました。堂垣内知事、板垣市長時代には月に1度、お互い用にある時はどこでも時間をつくり懇談しました。道と札幌の橋渡し役をつとめ、堂垣内知事、板垣市長が中央官庁に要望知るときは、地崎先生からお聞きしています。

そこでと・・・・次の段階へ話が進んでいくのです。知事からも、市長からも地崎先生がいてくれるので大変助かると大きな集会でお話しして下さるのが昨日のような気がします。
又、私も市議、道議となり、中央官庁の幹部はじめ縁続きの皆様にお世話になり、市、道に貢献できたこともしばしばありました。
地崎先生の教えを守り、政治家として頑張って来れましたのも有難いと思っております。


12日、朝、10時、決算特別委員会知事総括です。夕方まで。



13日、11時、札幌学園(真駒内幼稚園・ユーウイング)理事会久しぶりに開催されました。理事会コロナ禍で開催できなく、子供たちを守ることに必死であった報告を受けました。理事長はじまめ職員の皆様に感謝とお礼を理事の一人として挨拶させて頂きました。

事務所で書類整理。

夜、少林寺拳法川島会長が地域指導者研修会の来札され、北海道連盟幹部と共に
懇談致しました。昨今の少林寺拳法のお話を聞くことが出来ました。


14日、事務所で書類整理。


15日、事務所で書類整理。午後、車の冬タイヤ交換を致しました。
議会へ。

夜、昔からの後援会幹部と久しぶりの夕食を議馳走になりました。


16日、事務所で書類整理。

夜は、船橋利実支部長と夕食懇談を致しました。


17日、事務所で書類整理。

夜は、記者との懇談致しました。参議院議員候補の話も出ました。


18日、事務所で書類整理。


19日、午前、小鍛冶実行委員会委員長と共に鈴木知事にセミナー出席のお願いに伺いました。快諾頂き、コロナ禍後の北海道について祝辞を頂くことに致しました。



20日、PL教会参拝、事務所で書類整理。

午後、鈴木直道政経文化セミナーに出席致しました。
流石です、3階、6階会場満杯状態です。2年ぶりのセミナーだけに知事も力が入りました。当面の課題についてお話され、コロナ禍後についての北海道経済再建について話をされました


21日、夜、定例、20日会に出席し皆さんとお話しました。




22日、朝、プリンスホテルへ、第17回ちば英守政経文化セミナー開催にあたり、リハーサル準備万端用意が出来ました。
午前11時に開始、私が先導し、鈴木直道知事先頭に、高橋はるみ参議院議員、船橋利実第1選挙区支部長が入場、週初めでお忙しい中、また、生憎の雨の中、多くの皆様ご参加頂きました、コロナ禍であり感染者が少数となりましたが企業団体の皆様に昨年同様お声をかけさせて頂きました。昨年同様地域後援会には、お声をかけませんでした。
申し訳ありません。
小鍛冶実行委員会委員長、繁富よしえ連合後援会会長、鈴木直道北海道知事、高橋はるみ参議、船橋利実第1区支部長から祝辞を頂き、私から、ご来賓の皆様方のご挨拶と多少ダブりましたが、コロナ禍の大変だった生活、知事の指示に従って頂いた道民さんに敬意を表し、医療関係者への感謝、行政皆さんが支援金の手続きのご労苦に感謝、今後、コロナ禍後の北海道経済をどう立て直すかが最大の課題である、特に飲食店、観光業者の皆さんが大きな傷を負い、特に薄野関係者の皆さんには大きな打撃でした、今後、飲食・旅行観光業者の皆さんに「どうみん割」来年早々「GOTOトラベル再開」など手を打っていきます。
更に、国では77兆9千億円の補正予算を組む予定ですから、国内景気は上昇気流に乗っていきます。もう一つ気になるのは、気候変動と温暖化です。大きな災害があるかもしれない、北海道の強靭化が必要。又、身の周りを見ても、子供たちの教室は30度を超える日が1か月以上続き集中して勉強が出来る状態でありました、今後も気温上昇になると言われております。早急に冷房装置を設置しなければなりません、0カーボンを噛ませて国の支援で、校舎に太陽熱発電機を設置し恒久的な熱電源にしていくこと考え、高橋はるみ参議が文部科学大臣政務官の内に何とか目途を立てて行きたい
とも申し上げました。最後に、来年は参議院選挙です。再来年は地方統一選挙ですが次回は出馬をしないと決意致しました。後継については、第1選挙区支部船橋支部長に選考委員会を立ち上げて頂き選任をお任せしたいと思いますので宜しくお願い致します。私事ではありますが、先日、その選考委員会に私の息子(真裕)が立候補していいだろかと真顔で申し出てくれました。選任されるか、されないか、わからないぞと申すと覚悟しているとのことです。幅広く選考されることを願っておりますともうしあげてお話をさせて頂きました。当日ご参加頂いた皆さん本当にありがとうございました。
ホテル玄関先でお礼のご挨拶をさせて頂きました。


23日、オフ


24日、朝、衆議院第1選挙区支部長船橋支部長・道議・市議(こぶし会)の会合を致しました。我々の力不足で船橋支部長当選させれなかったことに誠に申し訳ございませんでしたと、私から司会をかねて挨拶をし、船橋支部長にふりご本人からも、私の力不足や不徳にいたすところで皆さんに申し訳ありませんでしたとのご挨拶でした。
又、一部で来年の参議院選挙に推挙するとのお声も頂いているとのこと、推移をみきわけたいとのこと、会議でいろいろ意見が出ましたが、総括が大事で、忌憚のない意見を書面で出すことにしました。

眼科で検診


夕方、北海道ベトナム交流会イン札幌に出席しました。中田隆博実行委員長、ベトナム大使館からフオン公使、鈴木知事、武部勤先生、町田副市長など参加、日越親善北海道議会議員連盟会長としてご挨拶をさせて頂きました。今は、北海道に約1万人のベトナム人が仕事か留学生として在留しています。ネットで学生交流や、北海道PRのSNS発表会で商品獲得者など楽しい会合でした。


25日、事務所で書類整理。


26日、息子の関係で、三吉神社へ。 事務所で書類整理。


27日、オフ


28日、ダンスの日記念フェステバルイン札幌で2年ぶりの大会でした。皆さん楽しそうに踊っております。セレモニーでご挨拶の機会を得ました。




29日、朝、議会、一斉委員会、9時40分議員総会、10時、経済委員会、13時、北方領土問題特別委員会、14時、成徳専門学校理事会後、事務所で書類整理。

夜、中小企業問題懇談会(中小企業団体中央会)との、要望懇談会を致し、道議会商工業振興議員会長としてご挨拶とご要望をお聞き致しました。その後、懇親会を久しぶりに致しました。コロナ禍での支援、コロナ禍後の経済対策についてのご要望です。

しっかり取り組んで参ります、又、第4回定例会の補正予算案にも、一部組み込んでおりますこと説明しました。


30日、朝、札幌医大定期検査、異常なし。議会へ戻り、第4回定例会開会に参加し
提案のある補正予算一般会計43億2千万円の審議を12月16日まで行います。

昼、財界さっぽろ取材、年男の写真どりです。

事務所で書類整理。

夜は、北海道商店街連合会との政策要望、懇談会に出席し、道議会商工振興議員連盟会長として役員と出席致しました。ご要望しっかり受けさせて頂きます。


1日、休会日です。
市立病院へ、眼科へ検査。朝、9時から混んでおり、終了したのが午後3時です。市立病院は眼科が有名です。患者さんが多いです。20日より1週間入院治療することになりました。

夜は、台北経済文化札幌分署粘処長から我々道議会日台親善議員会の幹部がご招待頂きました、先日、神戸市で開催された日台親善議員の集いに参加された議員のご苦労さん会を開いて頂きました。私は、決算委員会があり欠席でしたがご案内を頂きました。楽しいひと時でした。


2日、朝、亡妻の月命日で西本願寺へお参りに伺いました。
事務所で書類整理。吉岡連合後援会幹事長と打ち合わせ。



詳しくはこちら