※ 「 39 福祉関連 」 アーカイブ

近況報告  平成30年7月下旬

木曜日, 8月 09, 2018

本格的な盛夏となりました。本州では+40度クラスの熱帯気温とか、私も数年前中国西安で40度を経験しました。直射日光を浴びましたが日陰にいないとめまいがするくらいでした。大変な気候を迎える時代になりました。皆さんもご自愛ください。


20日、第14回ちば英守企業後援会英友会・歩む会・連合後援会のゴルフコンペを開催して頂きました。場所は駒岡コースでした。熱い中皆さん頑張って頂き楽しいコンペでした。私も2年ぶりに参加しました。スコアー123で上がりました。今年2回目です。次回は100前後で回りたいです。

事務所に戻り打ち合わせを致しました。


21日、平成30年度第1管区海上保安本部総合訓練のご案内を頂きましたので朝、小樽に向かいました。

小樽岸壁から乗船し、整列する海上保安本部、自衛隊、道警、水産庁、開発局、北海道、小樽市などの船が並び運行を見ました。又、船舶火災の消火訓練、テロ行為をする船舶を追いかけて鎮圧するなど実践さながらの訓練を視察出来ました。関係各部局の連携が素晴らしいです。国を守る気構えが肌で感じます。こうした訓練を広く見て頂いて若者たちが命がけで24時間守ってくれていることに感謝です。





22日、自衛隊11旅団(真駒内駐屯地)第18普通科連隊創立64周年記念祝賀会に出席して乾杯と同時に退席して、


札幌市視覚障害者福祉協会創立70周年記念式典、祝賀会に出席致しました。主催者近藤会長ご挨拶、長年の功労者に表彰・感謝状を近藤会長から手渡し、来賓として高橋はるみ知事、全国盲人連合会の竹下会長・札幌身体障害者福祉協会浅香会長らが祝辞を述べました。

祝賀会では私からもお祝いを申し上げました。長いお付き合いになりました。齋藤会長・佐川会長・沢田会長・近藤会長とご指導頂きました。行政的に多少の無理も皆さんの声を届けて来ました。来年の全国大会も皆さんで一緒に頑張って参りましょうと激励致しました。

夜は、定例会20日会に出席致しました。今回は中国料理でした。



23日、事務所で書類整理。

夕方、来客対応を致しました。

夜は、衆議院議員伊東よしたか代議士のセミナーに伺いました。講師は元防衛大臣中谷元衆議院議員です。日本を取り巻く安全保障についてお話頂きました。

夜、9時から日本中国料理協会札幌支部賞味会に参加致しました。

本来は調理人さんを慰労する会でしたが、法人格をとると意味のあるものにとの指導で賞味会になりました。ですから夜の9時現場を上がってくる調理人さんに合わせて

開会となりました。名誉顧問として祝辞を申し上げました。


24日、朝、札幌医大で血液検査、異常なしです。

議会へ、根室管内開発期成会の来年度要望に北方領土対策特別委員長として参加致しました。

来年度統一選挙用のポスター用写真撮りを行いました。


夜は、水天宮例大祭宵宮祭に伺い参拝致しました。直会も、空手の演武、日本舞踊、フラダンス等賑やかでした。


25日、事務所で書類整理。


26日、午前、第46回包丁塚に出席玉ぐし奉奠し、祝辞を申し上げました。

夜は、弥彦神社例大祭宵宮祭にお参りに伺いました。

その後、ジンギスカンを食べる会に出席し意見交換を致しました。


27日、11時、弥彦神社例大祭本祭りに伺いました。

事務所で書類整理をしました…


28日、昼、日本台湾祭りイン北海道2018年が赤レンガテラスで行われ議連の幹事長として参加しました。




明日、少林寺拳法北海道大会の為に千歳市に向かいました。

午後、5時、雨模様ですが千歳市体育館の廻りのゴミ拾いから始めます。もうすでに道院ごとで地域に貢献できることを実践していると聞いておりますが、開祖の教えで、社会に貢献できることは何か!小さいことから実践してみようとお借りするスポーツセンターの廻り、公民館、野球場を参加できる拳士で行いました、新たな1歩を踏み出しました。

夜は、千歳少林寺拳法協会の本宮会長はじめ幹部の皆さんと道連盟幹部と2年連続で千歳市で開催して頂いたことへのお礼を兼ねて懇談致しました。



29日、朝、9時、少林寺拳法北海道大会開会式です。ご来賓はじめ全道各地から多くの拳士、家族が参集して頂きました。

ご来賓13名です。私から主催者挨拶、北海道少林寺拳法発祥の地千歳市で昨年に続き今年も開催出来ましたこと喜びであり昨年は少林寺拳法70周年の記念の年であり今年は80周年に向けての始まりに年である何かのご縁であり、西内一先生の功績を讃え感謝を申し上げました。80年に向けて出来ることから社会に貢献できることをやっていきます。直向きに拳士達は頑張って参りますので宜しくお願い致します。

山口千歳市長、佐藤北海道教育長、張中国領事、和田代議士、船橋代議士、道議(中司道議、東道議、大河道議、笠井道議、塚本道議、代表地元梅尾道議からご挨拶を頂きました。そのほか関係団体からお越し頂きました。



開会式終了後、札幌の向かいます。11時から藻岩山中腹にある札幌平和塔59周年記念式典戦没者慰霊祭が行われ参拝致しました。ご挨拶の機会も頂き戦争の傷跡はまだ続いており、遺骨収集特に海外収取は困難を極めているが政府も2年前の法律を作り頑張ってくれていること、北方4島返還事業も私も今年択捉島に行って来ました、歓迎ムードであったが、すでに択捉島で生まれ孫さえいる家族の目の前で島を返せとは言えなかったこと吐露しました。交流は続けなければなりません。共同経済活動も続けて行くが戦後73年経つが平和条約さえ見えない状況です。もう絶対戦争はしてはならないとご挨拶しました。


午後1時終了後、また、千歳市に戻り、少林寺拳法大会会場へ、昼食が取りました。

アトラクション後、表彰式に臨みました。10月末に群馬全国大会に参加する拳士達です。頑張ってほしいです。

札幌の自宅へ戻りました。さすがにへとへとになりました。



30日、事務所で書類整理、夜は、前衆議院議員今津寛先生の叙勲祝賀会に出席致しました。



31日、朝、札幌レディーバドミントンライラックOPEN開会式で大会長として出席しました。事務所に戻り来客対応をいたしました。

夜は、中国吉林省 巴音朝魯書記一行歓迎レセプションパーティーに参加致しました。

その後、恒例の世界の料理を食べる会に参加しました。今回はタイ料理でした。


1日、内閣府北方・沖縄担当福井大臣が根室管内視察されますが、夜に先約の祝賀会があるのでどう行程表を組んでも夜には間に合わないので視察には欠礼しました。事務所で書類整理。


夜、そば東家本店3代目佐藤公二男さんが旭日単光賞受賞祝賀会が開催され前々から出席し祝辞を言って下さいと要請されていました。北海道で100年続くそば屋はあまりありません。地崎家が東家さんのお蕎麦を贔屓にしておりました。奥さんの故地崎京子夫人が、3代目をお兄ちゃんお兄ちゃんと可愛がり、佐藤さん曰く、こんなに頭禿げ上がってもお兄ちゃんと言われると頭を手でなぜ回しながら照れている姿をいつも思い出します。そのご縁で40数年のお付き合いです。業界・調理師会・豊水連町等で活躍されました。特に20年前から、薄野芸妓達の応援団サポータークラブ第1号「粋いき会」の立ち上げから今日までの主要メンバーとして活躍されて、彼の江戸っ子のような「粋に遊ぶ」格好良さを学んで来ました。これからもお元気でご活躍下さい。


2日、朝、亡妻の月命日です。西本願寺でお参りしました。

事務所で書類整理。

夜は。第54回薄野祭り開会式に参加しました。直会にも参加し過ごしました。


3日、事務所で書類整理。

夕方、天皇皇后両陛下が来道され、宿泊先の札幌プリンスホテル内にて特別奉迎をさせて頂きました。天皇は上着を着ないで皇后さまと手を組まれて私たちの前に一礼をされ、私から小声で「ようこそおいで下さいました」と申し上げましたら、天皇は「ありがとう」と声をかけて下さいました。嬉しい限りです。

議会へ打ち合わせ。黒龍江省人民代表大会(議会李顕剛副議長一行)歓迎会に道議会日中友好議員会幹事長として参加しました。和やかに歓迎会が行われました。

終了後、税理士会政治連盟第1地区会懇談会に走りました。北方4島訪問の話をさせて頂きました。



4日、夜、北海道姉妹友好提携地域ラウンドテーブルミーティング歓迎RECEPTIONに出席しました、6か国11地域の方々参加でした。各国代表からご挨拶がありました。




5日、午前中、北海道きたえーるで行われ、天皇皇后両陛下ご臨席のもと北海道命名150年記念式典が行われました。高橋知事挨拶、来賓福井内閣府北方担当大臣のご挨拶、大谷議長未来への提言、高校生2人から青少年の誓い、アイヌ民族

伝統芸能・地域の伝統芸能、イランカラプテ大合唱で一部終了。天皇皇后退場されました。退場される両殿下は会場の皆さんに手を振って、何度も大きな拍手が沸き上がりました。天皇皇后両殿下御在位最後の北海道訪問です。涙がでました。

写真撮影禁止で皆さんにご覧いただけないことが残念です。



曙地区サマーフェステバル2018年イン曙に出席しご挨拶の機会がありました。

年々大きくなり参加者も企画も素晴らしいです。桂信雄元市長が曙にお住まいですので来賓としてご来場でした。

後援者の奥さんがお手伝いされていましたので、ご主人の顔見たいとお宅に伺いました。喜んで頂きました。


posted by 千葉英守   |    0 comments

近況報告  平成30年4月下旬+

火曜日, 5月 01, 2018


今月は、京都、東京往復4回、沖縄那覇、金沢、小松と出張の多い月でした。

いささか過労も溜まっております。

テレビを見ていても、新聞を見ていても腹が立つことばかりです。官僚の忖度から始まり、公文書の書き換え、防衛省の活動日誌が破棄されたとあるが1年以上たってから記録が残っていた。官僚のたるみが出て来た。皆でやれば怖くないではないはず。

信頼があって行政は動くこと知っているはず。責任は重い。安倍総理も行政のトップとして責任を感じると言う。だからやめればよいと言うものではないと私は思う。早く対応策を考え体制づくりをして国民の信頼を回復していくのかが肝心です。もし安倍総理が辞めて誰がこの難しい国際環境状況、経済を引っ張っていくのか。安倍総理に代わってやれる人がいるのか、岸田政調会長、石破代議士では乗り越えれないと思います。「時代が人を求め、時代に捨てられていく」明治の元勲木戸孝允公が残した言葉です。まだ安倍総理を求めています。


18日、午前、道幹部から就任挨拶と報告を受けました。来客対応を致しました。

午後、支援団体へ挨拶、支援企業社長と懇談しご意見を承りました。

夜は、故中村憲正社長の3回忌しのぶ会に出席し、思い出話をしてきました。

お世話になったこと、誰でも人を大切にしたひと、寂しがり屋でいつも人がいないとだめだった人等語らせて頂きました。


その後、日本中国料理北海道地区本部賞味会・受賞祝賀会に出席してお祝いのご挨拶をさせて頂きました。




19日、午前、来客対応、凛葉会監査、午後、凛葉会役員会に出席し近況報告を致しました。


夜は、桑園地区連合町内会山内睦夫会長の札幌市自治振興功労賞受賞祝賀会に出席し祝辞を申し上げる機会を得ました。和やかな素晴らしい祝賀会でした。



20日、午前、北海道マリッジ・カウンセリングセンター総会に出席しました。

本年で事業を終結します。人の幸福とは何か?と問い続け人の幸福は結婚で人は成長し幸せになれると人との出会いを大切に50数年結婚相談とカウンセリングを主な業務で相談員はボランテアで働き全道各地廻り、市町村、農協などから熱い信頼を頂いていました。時世が若い人たちが減少し、価値観が変わり結婚に拘らない時代になりました。事業は完結したと判断し閉鎖することになりました。小山理事長はじめ相談員の皆様ご苦労様でした。皆さんの努力が後世の判断がどう評価するか楽しみです。お疲れ様です。


午後、地崎道路株式会社創立50周年記念パーティーが札幌でも開催されご招待を宇受けて出席し、乾杯の音頭を取らせて頂きました。苦節50年でしたが、地崎の土木・道路の稀有な技術力が支え、時代時代の社員が頑張った証左であります。この技術世界へ発信できます。100年に向かって頑張って下さい。

夜の飛行機で上京しました。



21日、朝、昨年に続き新宿御苑で安倍総理主催の「桜を見る会」に出席しました。

昨年より多い1万7千人が参加です。すでに桜の花は散り青々とした葉っぱの匂いがします。安倍総理に会ったら頑張ってと声をかけてと多くの方々から言付かっていますから、安倍総理・昭惠夫人に声を届けようと思っていますが、人垣で3、4列となり声が届きません。昨年は話が出来たのに残念です。

別な場所に、懇意にしている衆議院予算委員長河村建夫代議士がおられましたのでお声を掛けさせて頂きご労苦を労いました、河村先生曰く「これからだよ」と力を込めておっしゃっておりました。笠井道議ご夫妻、名越北海道税政連会長とのショットです。

多くの方々とお会いしました。


22日、午前中に帰札致しました。

新千歳空港から西区身体障害者センターへ直行し、午後1時から顧問をしております札幌市中途失聴・難聴者協会総会に間に合いました。ご挨拶をさせて頂く機会も頂きました。「間に合うかと心配しましたが、飛行機の中を走ってきました。」と言うと皆さん笑って下さいました。

夜は、自衛隊家族会中央区支部総会・懇親会に出席しました。

自衛隊に子弟が務めている家族が自衛隊を応援する会です。楽しいゲームなどで楽しみました。



23日、朝、新千歳空港集合で石狩新港管理組合議会道外視察です。

道議委員・小樽市議委員・石狩市議委員10名で2泊3日で沖縄那覇港・金沢港を廻ります。


3時頃、沖縄那覇港に到着し、那覇港管理組合(沖縄県・那覇市・浦添市)から説明を受けました。石狩新港(613万トン)の約倍の出入り貨物量1、096万トンです。コンテナ取扱量は石狩は50、775TEUですが那覇は541、470TEUで桁が違います。

ガントリークレーンが4機あり内外のコンテナを移動させています。

更に、現場も見せて頂きましたが、総合物流センター建設1期工事をしており、2期、3期工事を予定されています。国の海外戦略の位置付けされており東南アジア・アジア・ヨーロッパ向け出荷基地と発展されるでしょう。刺激を受けました。


24日、朝、時間の関係で首里城をサラッと見学しました。

那覇飛行場から小松空港へ、雨のため飛行機が遅れました。


金沢港湾事務所へ、途中、間もなく出港する豪華客船ダイヤモンドプリンセス号を見ることが出来ました。送別セレモニーを地元の方々が行っています。デカイ客船です。

事務所へ伺い説明を伺いました。取り扱いは石狩湾新港より低いですがコンテナは金沢が多いです。ガントリークレーンが2機で機能強化しています。国際海上コンテナ、国際フェリー、外航国際クルーズ船に力をいれています。物流基地、新たなクルーズ船岸壁を計画しているとかです。



25日、朝、小松市にある、小松製作所粟津工場を見学しました。吉田茂のお兄さん竹内明太郎氏が設立し小松に本社を置くとこから始まります。農林省からの要請で農業用トラクター国産車完成させる。農業用トラクター・農業機械・鉱山用機械増産のため粟津工場を新設し現在に至ります。ブルトーザ生産を開始し建設業・林業・製鉄・解体・除雪・鉱山などあらゆる産業に入り高度な技術・省エネ・先進的な取り組みを行っています。世界に製品の約6割輸出しています。だから港が必要です。港にとって後背地の工場群は絶対必要不可欠です。益々刺激を受けました。

昼の飛行機が遅れました。

夕方、自宅に帰宅しました。


26日、事務所で来客対応しました。

書類整理など仕事が満杯状態です。

午後3時、顧問をさせて頂いてる札幌市障害者スポーツ協会理事会に出席しました。

道議会へ打ち合わせ。

事務所に戻り書類整理でした。


27日、事務所で打ち合わせ、書類整理です。

夜、北海道神宮頓宮1日講社の総会へ、続いて第三祭典区の総会・懇親会に出席しました。


28日、中央区スポーツ少年団野球交流大会開会式に参加し、顧問として励ましの言葉を述べました。


29日、札幌市肢体障害者協会総会に顧問として祝辞を述べました。

午後は、札幌盲ろう者福祉協会総会で顧問として祝辞を述べました。今年の第1回道議会で可決しました。意思疎通条例と手話基本条例について皆さんの協力があればこそ出来た条例です、今後は多くの盲ろう者に障害がある方々のネットワークが出来るし多くの仲間を誘ってください。まだまだ補っていくことがあると思うが力あわせて頑張っていきましょうと挨拶しました。


30日、現地調査を兼ねて静内方面へドライブをしました。高規格道路が厚賀まで伸びています。静内駅へ。バス利用者の待機場です。 JR日高線がどうなるのか、地元の意見を大切にしたい。


posted by 千葉英守   |    0 comments

近況報告  平成30年2月上旬

月曜日, 2月 19, 2018

2月上旬になると新年会の速度が弱まり一日、2、3か所になってきます。
何とか新年会も乗り切ることができましたが、今月19日、私の後援会凛葉会の新春の集い、21日は、「ちば英守と語るトーク21」の新春の集いがあります。それと21日から第1回定例会です。気の休まる時がありません。
平昌冬季オリンピックが9日から始まり、高橋沙良ちゃん等道内出身の選手が頑張ってくれております、応援しましょう。


5日、事務所で来客対応、書類整理です。

夜は、薄野アイスワールド2018開会式に出席致しました。
多くの外国人観光客が来道しています。国際都市札幌ではの光景です。
その後、札幌護国神社の祭ってある多賀神社多賀講の新年交礼会に参加しました。


6日、山鼻和楽会老人クラブの2月生まれの誕生祭で5人の会員をお祝いして頂きました。いくつになっても誕生日をお祝いしてくれることは嬉しいものです。

真っ直ぐ議会へ、昼議員総会、1時経済委員会に出席し、2時から観光産業振興議員連盟全体会議で外国人観光客が毎年増えております、各地区に外国語案内板等設置しなければならずその財源措置を北海道観光振興審議会にご審議頂いておりますので、その概要を理事者からお聞き致しました。

夜は、中小企業振興政策懇談会で道議会中小企業振興議員連盟と中小企業団体連合会幹部の皆さんと最近の景気動向や企業の様子などお聞きいたしました。




7日、10時、北方領土対策特別委員会を開催いたしました。
11時30分、大通り公園で開催された北方領土フェステバルに高橋知事、大谷議長と共に北方領土対策特別委員長として委員全員で参加し、署名活動やフェステバルに出席致しました。
13時、JR特別委員会に委員として出席し、直ぐ、新千歳空港へ向かい上京致しました。
夜は、長谷川岳参議ら仲間の皆さんと懇談し情報収集に努めました。


8日、今日は私の68回目の誕生日です。
朝、党本部で北方調査会(山本一太会長)9回目だそうですが出席致しました。
外務省から日ロ次官級事務レベル協議について報告がありました。
続いて北方調査会PT(宮腰光寛座長総理補佐官)に移り、北方領土周辺振興の財源としての北方基金の運用益活用にについて意見を求められました。私から議会代表して運用金の減少が目減りして周辺振興が出来なくなっており、100億円の基金を取り崩し毎年5億円運用益くらいまで確保して頂き、北方領土が返還されるまで財源確保を明文化して頂きたいと強く要請いたしました。1市4町首長からも同じ趣旨で要請致しました。これから、PTで良くもみ議員立法ですので手続くを踏んで要請に応えて下さると信じております。

終了後羽田空港経由で札幌へ帰還しました。


9日、昼、支援企業幹部と昼食を共にしました。
午後、13日に行われる第1回石狩湾新港管理組合議会との打ち合わせを致しました。

夜、連合後援会英友会歩む会の幹部会議で今年1年の後援会活動について協議頂きました。


10日、夜、中川賢一市議と語る「新年交礼会」に参加致しました。






11日、建国記念日奉祝道民の集い式典に参加しました。
妙心寺 若松良泉上人100日修行2回帰山式、節分式に出席し帰山お祝いと豆まきをさせて頂きました。


12日、予定なしでゆっくり致しました。


13日、午前、議会へ
午後、石狩湾新港管理組合議会協議会、石狩湾新港管理組合議会第1回定例会に議長として参加致しました。


夜は、北海道アートビューティ新年交礼会に出席致しました。


14日、午前、事務所に出て書類整理、打ち合わせ。
午後、ベトナム訪問打ち合わせ後、札幌市調理師団体連合会新年会に出席致しました。


15日、10時、JR特別委員会 地方路線の在り方について各派から意見が出ました。



午後、経済産業省が花きイノベーション事業の一つで花育授業を生花業界のご支援で北海道特別視覚支援学校にて花育を実施して頂きました。目の不自由な子供たちに花を触り、花の匂いを噛んで、花を生けるアレージメントを学びました。
花業界と北海道特別視覚支援学校と結び付けたご縁で参加致しました。


北方領土関係情報提供セミナーに参加致しました。外務省から講師を呼び、道庁から共同経済活動調査の進捗、元島民のお話をお聞きいたしました。


夜は、札幌ホテル旅館協同組合の新年会に伺いました。




17日、「新しい出発を励ます会」児童施設を卒園される18歳以上者で心の里親会のメンバーと文通して卒業していく子供たちを送り会に出席致しました。子供たちの進路は大学、専門学校、就職等様々ですが、「全ての子供に母の愛を」合言葉に50数年続いている公的補助を受けないボランテァ団体です。毎年、卒園する子供たちに励ましの言葉を申し上げる機会を頂いております。
今年は、「人を助けることは勇気がいること、規範や法律を破ることもある」とお話しました。

ある団体の新年会に出席しました。懐かしい方々ばかりであります、ゆっくりしたいと思っても次の会場があるので、歌を唄い後ろ髪引かれるように会場をあとにしました。

パークゴルフクラブYPG総会・懇親会に出席しました。
5月にはスタートしますパークゴルフです。すでにトレーニングをしている方もおります。
向かいの老人は今年92歳で2日に一度室内パークゴルフ場で練習されています。
送りますかと言うと、足を鍛えるから歩いて帰るとのことです。素晴らしい人生100歳夢でないです。

事務所に戻り書類整理をしました。


18日、夜、20日会例会に出席しました。


posted by 千葉英守   |    0 comments

近況報告  平成29年3月上旬・下旬

土曜日, 4月 01, 2017

2月下旬と3月上旬が一緒になりましたので、3月下旬を報告いたします。

寒かったり、温かな日和になったり寒暖の差が激しく体調を崩さないで下さい。

東京では、桜の開花宣言が20日になされましたいつもより早い時期になりました。


11日、昼、ある団体の創立記念日に参加しました。平和を求め行動した開祖の教えが今でも生きています。しっかり受け継いで行きたいです。

午後、ある団体の東日本大震災7回忌法要に参加しました、多くの犠牲者がでました、皆さんのご冥福をお祈り致しました。早い年月ですが今だ、故郷に帰れない被災者が12万人おり避難生活をおくられております。併せて被災者の皆さんの一日も早い帰宅が許されて通常の生活に戻れるように祈りを捧げました。


12日、仕事オフでした。


13日、朝、事務所で仕事、昼、休暇で帰宅していた息子と昼ご飯を食べて、送りました。少しセンチメンタルになります。

昼過ぎ議会へ、議員総会、補正予算先議しました。午後4時本会議で可決致しました。


夜は、長内直也市会議員の「早春の集い」に参加致しました。大勢の後援会が参集し盛り上がりました。党札連の幹事長として活躍し市議5期目の折返しです。

更なる活躍を期待されております。

その後、報道関係者と意見交換を致しました。


14日、午前、事務所で書類整理。

午後、議会へ 13時半、北海道障がい者スポーツ協会理事会に顧問として出席しました。

夜、全国水産物大手荷受け・荷主取引懇談会に出席致しました。

その後、北海道教育文化協会理事会に出席しました。



15日、午前中、事務所で書類整理。

午後、中国ハルピン市衛生局除副局長、第Ⅰ専科病院張病院長一行6人が道庁辻副知事を表敬訪問しました。私も同席致しました。



16日、朝、北海道視覚支援学校幼稚部修了式・小学部中学部卒業式に参加致しました。元気よく卒業して行きました。



午後、予算委員会に出席し、札幌視覚支援学校専攻科の外部指導者導入について治療行為を勉強している生徒は国家試験を受験する場合、筆記試験だけで当落が決まります。臨床体験がないまま社会に出てきて戸惑うことが多々あり礼儀作法も含めて困るのは本人です。そこで、実践している治療院・訪問マッサージを行っている方々から実践の教育を教え頂くチャンスを持つべきとの卒業生の思いを込めて教育委員会の考え方を質しました。29年からゲストティチャーをして外部講師を導入して課題整理して平成30年から本格的に外部講師を導入したい旨の答弁を引き出した。


夜は、道庁若手幹部・OBを含めての「千葉会」で集まり様々な情報交換を行いました。楽しい会です。若手が重要な仕事をこなしていて大変嬉しいです。



17日、朝、予算委員会に出席。

午後、札幌花園病院新病棟竣工式に出席致し内覧致しました。

夜は、札幌花園病院新病棟完成記念祝賀会で祝辞を述べる機会を得ました。




18日、昼、友党公明党北海道本部の「新春の集い」に参加致しました。

稲津本部長、山口代表がご挨拶されました。



札幌バドミントン協会総会・懇親会に出席しました。平成29年度がスタート致します。

札幌学園理事会に出席しました。

夜は、党山鼻支部総会・懇親会に出席して党員の皆様と意見交換致しました。


19日、午前、ちば英守連合後援会初代会長 故石林清先生の告別式にお参りに伺いました。言葉では表現できない様々お世話になりました。感謝感謝です。

105歳で天寿を全うされました。札幌師範学校を卒業され付属小学校の教師を務め中央大学法学部卒業され戦後2代目地崎宇三郎秘書をされたあと札幌市に就職し商工課長、商工部長、収入役、道議1期後、札幌商工会議所専務理事を務められながら幌西連合町内会会長を務め強力なリダーシップを持って永年務めました。

絵・書を書き、酒を愛し、唄を好み、誰からも愛された人でした。どうか安らかにご冥福をお祈り致します。公私にわたりお世話になりました。ありがとうございました。


20日、午後、母校北海学園大学卒業式祝賀会に同窓会評議委員として参加しました。後輩に前途洋々たる活躍の場がありますようにと願いました。頑張って下さい。


21日、議会へ、

午後、更生保護施設札幌大化院理事会に出席しました。

事務所で書類整理。

夜は、自民党議員会の研修会懇談会に出席致しました。


22日、朝議会へ 議員総会、10時経済委員会に出席。

11時半ニュ―サッポロビル役員会へ

13時 新幹線・総合交通体系対策特別委員会に出席。

午後、夜は、中国の友人瀋陽市外事弁公室王晶榮主任一行が札幌市との北方市長会の打ち合わせで来札し公式訪問後、薄野で待ち合わせて道庁阿部経済部長と再会を楽しみました。3年訪問していないこともあり一度瀋陽訪問を考えたいと思います。


23日、朝、事務所へ。昼、議員総会

13時、第1回定例会最終日本会議に出席し平成29年度予算が確定しました。


24日、25日と風邪のため休暇を取りました。



26日、夜、20日会の定例会に出席しました。


27日、来客対応を致しました。

夜は、かつての事務所の先輩と食事を致しました。


28日、午前、来客対応を致しました。

午前中、成徳学園理事会に出席しました。

午後、札幌厚生会理事会に出席致しました。

夜は、中央区第4支部・企業後援会「英友会」の総会・懇親会に出席致しました。

会計報告と事業計画案をご承認頂きました。


29日、かねてから情報としてニセコ・倶知安地区に外国人観光客が減少しているとの話を聞いていましたので議会も終わり、ニセコ・倶知安地区の関係者の皆さんに事情をお聞きしに伺うことにしました。道の理事者も同行頂き関係者の皆さんにアポイントを取って頂き感謝致します。

朝、9時半道議会出発しました。昼、倶知安町蕎麦屋で昼食、橋本後志総合振興局長合流頂き簡単に課題についての説明を受けました。

雪が少なかったことがSNSで発信されたこと、宿泊料金が高くなって敬遠されたこと、中国人スキャーが増大しオーストリア人が敬遠したことなどが挙げられました。

比羅夫スキー場へ、昨年12月に出来た「綾」コンドミニアムへ伺いました。東急リゾートが管理運営しています、総支配人長谷浩氏に内部視察をしながらご説明を頂きました。一部屋貸で(6人用)35万円のお部屋を拝見しました。昨年12月、今年1月、2月はほぼ満員状態で、ご利用される方は95%外国のお客様とのことであります。食事はご自分達で出来ますし、又、調理人(有料)を呼ぶことも出来ます。3部屋のベットルーム、2風呂、1リビングと豪華であります。レストラン・スパ(温泉)スキー預かりセンター、トレーニング場設置されています。

窓からスキー場が見られ豪華絢爛、富裕層の連泊する部屋の豪華さをしみじみ感じました。

長谷総支配人曰く、これから私どものサービス向上が今後の富裕層のお客様を捉えきれるかがカギとなりますと意欲を示されました。

次に、ニセコアンヌプリホテル大城初代総支配人をお尋ね致しました。

大城さんは、倶知安比羅夫スキー場のことはお聞きしていますが、お陰さまで私たちのほてるは日本人観光客が70%であり外国人観光客は30%です。特に外国人観光客の皆さんは、倶知安比羅夫スキー場は人数が増え中国人アジア人が増え混雑してホテル代の高くなったのでアンヌプリを選択して下さるお客様が増えております。只、長期観光にお出で頂いても2次交通が悪いのでホテル以外に外に出かれないのが困りますとのことでした。

うちとしては、日本人観光客を大切にして行きたいとのことでした。

又、行政に要望することは外国人・日本人労働者の宿泊施設が不足していますとのことで通年観光を目指したい。

ニセコ道の駅に寄りました。全道道の駅で2,3番目の売り上げがあります、

60軒の登録農家がコーナーに毎日新鮮野菜提供をしてドライブ消費者が買って行きます。人参、玉ねぎ、芋は札幌のスーパーの3分の1の値段です。


本日の宿泊先、グランドヒラフの総括総支配人釜江代良尚氏とお会い出来、お話をお聞き出来ました。アメリカコロラド州ヴェルスキー場のスキー戦略にニセコがターゲットにされておりカナダ・オーストラリアと連携してネガテ倶知安ネガティブキャンペンを実施されており地元もスキー戦略が必要になってきております。

需要と供給のバランスで宿泊費が高騰しておりますが費用対効果を考えた時のサービスがこれで良いのか外国人観光客は考えておられています。


夜、倶知安西江栄一町長、鈴木議長、田中議員と懇談出来ました。

これだけコンドミニアムが建設されても余り税として入っておらないとのことです、土地の評価額と実質評価額の差があり過ぎとのことです。反面、インフラ整備などに資金投入で大変ですとのことです。収入増になると地方交付税が減らされるので行政上非常に困る場面と役場周辺の町民から町税をスキー場だけにかけることは如何なものかとの苦情がくるとのことです。

国際スキー戦略は今まで考えて来なかったが今後考えて行かなければならない。


30日、後志総合振興局で倶知安観光協会吉田聡会長にお会い出来ました。

倶知安比羅夫の人気はまだまだ続くが、今後5年後はオーストリア人から中国人アジア人がシフトして行くだろうとの予測をされました。香港、シンガポール、タイの富裕層が一目見ただけでこの土地買いますと決断し数日後何億の金が振り込んで来て法的手続きをして下さいとの要望が多いことです。

外国人観光客が多くなり子供たちの英語教育にも効果が上がってきていることは喜ばしい。直接話したり、英語を覚えなければ外人と話せない自覚が出てきたこと又、商店街の方々の片言でも英語が話さなければ商売にならないとの意識が出始めているとのことであり、2次交通も1次2次整備計画があり7年後位には不便さを感じない街にしたいとのことでした。


その後、ニセコミルク工房にニセコ町高橋守議長、(株)ニセコリゾート観光協会鎌田克己会長と面談致しました。

今までお会いした方々のお話を紹介しながら、お話しましたが倶知安とニセコが違うところは、倶知安は冬しか稼げないところ、ニセコは冬、夏稼げるところはハッキリしているところと指摘しました。又、倶知安比羅夫は賑やかなところ、ニセコは安らぐところ。ホテル代は少し上がったが倶知安比羅夫のように一人7,8万円のようなことはない。昨年の農産物は台風の災害にあたらなかった農作物は高値で売買できバブル状態であったが、今年は雪が少ないのは致命的であり今年の農産物が心配である。又、観光従事者の宿泊施設は今年150戸ほど建設予定とのことでした。


以上視察報告ですが、まとめとして今回の外国人観光客の減少は様々重なったと思います。

1、雪が少なったこと先発観光客がSNSで発信したこと。

2、中国人、アジア人観光客が増えオーストリア人が敬遠したこと。

3、アジア人は、外で食事をしてもお酒をあまり飲まなく客単価が低かったこと

4、コンビニで若い外国人はお酒を買い、そこのテーブルで呑んでいる。

5、アメリカヴェルスキー場ネットワークがオーストラリア客をアメリカに誘導したこと。

等があり減少傾向になったのではないかと思われます。

地元に優秀な人材が多くおりますので今年の対策を考えなければならないと思います。

視察にあたり、道経済部観光局、後志総合振興局商工労働観光課の皆さんに大変お世話になりました心から感謝申し上げ報告致します。


31日、午後、友人達と情報交換を致しました。

午後、札幌視覚支援学校へ要望事項の打ち合わせを致しました。

その後、事務所で書類整理をしました。

いよいよ、新年度がはじまります、皆様も気持ちを新たにして新年度をお迎えください。いつもご覧頂きありがとうございます。


posted by 千葉英守   |    0 comments

近況報告  平成27年11月

金曜日, 12月 04, 2015

今月は8日から13日まで北海道議会・中国黒龍江省人民大会常任委員会との交流事業で派遣団(三井副議長以下15名)の一員になりましたので参加し、14日から20日まで北海道議会日越友好議員連盟(会長釣部勲氏)のベトナム訪問が重なり、近況報告を上旬、下旬を纏めて報告することをお許し下さい。

段々と寒くなります。みなさんお身体ご自愛下さい。

この2週間の間に、フランスなど海外でテロ行為が行われており、旅行中メールで大丈夫ですか?とご心配頂きありがとうございました。

お陰さまで元気に帰札出来ました。


1日、今日は晴天で小春日和です。中央区少年軟式野球大会閉会に参加しました。

春から風や小雨、暑さ寒さに耐えて頑張った14チームの選手の皆さんに拍手を送りました、来年笑顔で再会しましょう。


2日、朝、亡妻の月命日で西本願寺にお参りに伺いました。事務所で書類整理を致しました。


3日、ある団体の秋の大祭行事に参加致しました。


4日、10時議会へ 11時30分中国訪問に関わる事前説明会

12時40分議員総会 13時経済常任委員会終了後 事務所に戻り書類整理16時半、水産議員連盟研修会続いて水産業界代表者・道庁理事者との懇親会情報交換。


5日、10時、新幹線・交通体系対策特別委員会後、昼、TPPの報告を理事者から伺いました。早速対応を議員会を含め関係機関との連携に一任致しました。

その後、事務所に戻り書類整理

15時、北海道議会日中議員連盟会長 伊藤条一先生、私、幹事長として8日から訪問致します訪中前に新組織となりました議連として駐札幌中国孫総領事に面談しご挨拶に伺いました。孫総領事は訪中を喜び総領事館としてお手伝いすることがあれば遠慮なく言って下さいとエールを送って下さいました。


6日、事務所で書類整理と旅支度に精を出しました。


7日、藻岩会総会 札幌盲学校、北海道高等盲学校で働いた先生・職員・同窓生の会です。今回札幌盲学校・北海道高等盲学校が統合し北海道・札幌視覚支援学校が出来ました、そこで改めて新藻岩会を立ち上げ総会を開き、会長にはタレントの大泉洋さんのお父さん大泉元校長先生が就任されました。私も札幌視覚支援学校振興会副会長としてもご縁があり参加させております。


夜、6時 北海道少林寺拳法連盟 地域指導者研修会が2日間にわたり行われます

本部から新井少林寺拳法連盟会長が指導にお越し頂きました。ジンギスカンでの懇親会に地元会長として歓迎致しました。新井会長は来年4月に退任されますが今後とも北海道をご支援頂きたいと思います。

途中、失礼して、北海道歯科技工士会創立60周年記念祝賀会に出席致しました。

長いお付き合いです、師匠地崎宇三郎先生の応援団の組織でしたので秘書時代からのお付き合いで42年目になります。お蔭で私も大変お世話になっております。

八重樫会長さんは、私と同じ位の年齢ですが当時は一番若い幹部でした。

我が家に帰ってきた感じです。


8日、朝、新千歳空港国際ターミナルへ昼集合の 北海道議会・中国黒龍江省人民大会常任委員会との交流事業で派遣団として出発です。

韓国仁川経由で北京に入りました。仁川経由は初めての経験でした、アジアのハブ空港として大きな役割を果しております。新ターミナルは案内も韓国語・英語・中国語・日本語と分かり易く使い易さを体験しました。

夜、北京で1泊しました。


9日、朝、北京発ハルピン行きに搭乗致しました。

昼、ハルピン空港へ到着しました。滑走路には雪が降っております。

始めて訪問した6年前に比べて、新ターミナルになり使い勝手の良いものになっておりました。我々はVIP扱いで到着後貴賓室へ通され関係者と名刺交換となりましたが、黒龍江省外事弁公室の皆様とは顔なじみでした。

夕方、人民代表大会常任委員会を表敬致しました。陳常務委員会副主任(副議長)等にお会い致しました。

陳副議長は大学教授であり北海道教育大学に研修に来たこともある方でした。

ご挨拶で、先人先輩の皆様のお蔭で黒龍江省と北海道は長いお付き合いになり様々なことを学んで来ました。米の技術を原先生に学び農業の確立に大きく貢献を頂いた、今後も黒龍江省と北海道友好のために頑張って参りましょうと述べた。


それから場所を変えて迎賓館に案内され懇親会が陳副議長主催で行われました。

黒龍江省の地酒(40度位)全員で乾杯を致しました。

そのあと、希望者は2次会へも連れて行ってくれました。日本で言う焼き鳥屋さんです。美味しかったです。帰り雪が降りラッセル車が雪を撥ねています。



10日、9時、黒龍江省人民政府(省政府)副主任・・・を表敬訪問を致しました。

黒龍江省と北海道との交流は来年で30周年を迎えます。良い関係を築いて来た今後も、1次産業が主たる両地域だけに酪農や農業等様々教えて頂き協力をお願いしたい、そしてより良い関係を築いて行きたいと言われた。

昼前、北隆食品加工有限公社 北海道旭川の企業が出資し合弁会社である。

製品は、ハム、ソーセイジ、肉製品を加工し約80%が日本輸出しています。

工場も拝見しました。衛生的にしっかり管理されており製品も食してみましたが美味しかったです。今後、新工場建設も考えておりますとのこと。


昼は、餃子でした。

午後、黒龍江省農業科学院を視察しました。黒龍江省は農業地域だけに様々研究しています。土質、農産物の改良調査、新しい製品も開発などその成果を着実にあげております。学院長が丁寧に説明をして頂きました。



その後、ハルピン将来未来館を視察致しました。昔のハルピン市を紹介し、現在を紹介し、ハルピンが今後どんな街になっていくのかが分かる博物館を視察致しました。物凄いエネルギーを感じます。



夕方から、ハルピン市内を散策致しました。

有名なソフィア教会を視察し、中央大街(旧ロシア人が作った街の中心部)を散策しました賑やかな雰囲気です外国のブランドの店もあります)外は暗くなっています。



夜は、黒龍江省の主催の夕食会です。黒龍江省が所管している小さなお店です。美味しい料理が出ました。ご紹介します





11日、朝、今日の上海行きは濃霧と雪で飛行場が閉鎖との連絡です。

時間が必要とのことで、朝、ホテル裏にある松花江を散歩しました。霧の写真がうまく撮れました。

黒龍江省外事弁公室と道議会事務局で協議し、飛行機の人数確保問題などがあり

明日、午後2時の飛行機に乗ることを決定したとのことで、もう一泊ハルピンですることになりました。




昼前に、最近出来たショピングモールへ出かけました。洋服類・スポーツ用品が多くあまり買うものもなく1時間位時間がありましたので中の喫茶店でお茶をしました。

それから、近くのレストランで食事をしました。



さて、その次は滅多に見なれない「トラ動物園」を視察出来ました。ライオンもいます。園内にアムール虎を飼っているのです。半分バスに乗って生態を見ることが出来ます。半分は通路になっていて檻の中を見ます。白い虎もおります。よく寒いのに耐えています。餌が豊富なので肥満虎になっております。餌も売っていましたので私も檻の虎に肉をあげました。

かつて瀋陽市にライオン動物園がありましたが、それはバスに乗って園を回って生態をみることが出来ます。


その後、ハルピン大学にある、黒龍江省の博物館を視察致しました。

夕方、買い物にと大きなショピングセンターに案内されましたが買うものがなく店内散策を致しました。



夜は、中国東北部の有名なしゃぶしゃぶ鍋を頂きました。煮えたぎる鍋に牛肉を入れ味噌だれか醤油だれかで食べます。大変美味しかったです。






12日、午前、松花江文明博物館を視察致しました。

金王朝の朝鮮族が黒龍江省一帯を治めていた時代から蒙古族~清朝~現在までの歴史博物館で人々の暮らしがわかりやすい博物館でした。

昼、市内のロシア料理店で食事を致しました。美味しいロシア料理ですが日本食食べたいな~と思ったのは私だけだろうか。

午後1時過ぎハルピン飛行場へ真っ直ぐVIPルームへ入り手続きをしてくれます。


2時30分予定が大分遅れましたが一路上海へ、11日の上海の予定が全てキャンセルになりましたが、飛行場には上海派遣の北海道庁職員汲田主幹、上海市人民政府外事弁公室の朱さんが迎えに来てくれていました。上海のホテルに到着が夜9時頃になりました。食事に行く人は近くに食べに行き、私は、今年4月に来道され面談しております外事弁公室の朱さんと上司の曹さんとホテルの喫茶店でいろいろ情報交換を致しました。



13日は、朝、日中経済協会上海事務所(の中に北海道デスクがあります)所長の横山達也さん最近の中国、上海経済についてお聞き致しました。

まだ、バブル崩壊にはなっていない感触です。

昼前、上海浦東国際空港へ、午後2時上海発仁川経由で待合で、中国瀋陽市との35周年で帰国する札幌市長・札幌市議団と合流しました。


夜、9時半過ぎ新千歳空港へ、議会が用意してくれたバスで道議会へ

自宅へは0時頃到着でした。それから明日ベトナム行の下着類を交換し就寝が2時頃になりました。



14日、北海道議会日越友好議員連盟(会長釣部勲氏)訪越視察団、自民 千葉議員、大崎議員、笠井議員、民主 北口議員、松山議員、経済部倉本次長の7人一行です。

昼、新千歳空港~羽田空港~成田空港集合 成田発17時50分発ホーチミン行搭乗、ホーチミン着 22時25分 ホテルへ直行。








15日、朝、ホテルの廻り50分間散歩 10時半 2015ジャパンフェスティバルインベトナムを視察致しました。14日、15日の2日間行われ15万人の方々が参加されました。これは日本の「食」「モノづくり」を通じ、日本の「文化」「伝統」「技術」「製品」「サービス」の あらゆる魅力を一度に体験できる ベトナム最大の日越交流イベントですとある。

北海道ブース2テント出展しました。

Japan Festival in Vietnam 2015 Outline

開催期間 : 2015年11月14日(土) 10:00~20:00 【予定】

2015年11月15日(日) 10:00~20:00 【予定】

開催場所 :ベンタイン市場側

特別プログラム : 日越教育プログラム「2015年ベトナム ホーチミン留学フェア」

【予定 11月13日(金)・14日(土)】

連携プログラム : ビジット・ジャパン(VJ)セミナー・商談会

【予定 11月12日(木)】

主催:観光庁、日本政府観光局(JNTO)

テーマ : 日本の「食」「モノづくり」「日本文化」を通じて、日本を感じてもらおう!

目的 :

1.「食」「技術」「文化」「伝統」「観光」の Japan Styleを

体感してもらう

2. 日本企業のベトナム進出支援、教育機関の訪日留学生拡大支援

3. 日本ブランドの紹介による日本への観光客誘致

コンセプト : “Cool Japan”

主催 : Japan Festival in Vietnam 実行委員会

特別監修 : 一般財団法人 東亜総研

後援 : 日越友好議員連盟、外務省、在ベトナム日本国大使館、

在ホーチミン日本国総領事館、国土交通省観光庁、

日本商工会議所、ホーチミン日本商工会 、

ベトナム社会主義共和国外務省、文化スポーツ観光省、

越日友好議員連盟、駐日ベトナム社会主義共和国大使館、

ホーチミン市、ベトナム観光総局、ベトナム商工会議所

協賛【予定】 : 日本航空、全日本空輸、ベトナム航空、東京海上日動火災保険

協力【予定】 : 近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟

ブース : 約70ブース出展

日本の「食」、日本の「モノづくり」を体現する日本企業による製品紹介

自治体・観光協会・観光関連機関による日本の観光地・観光施設を紹介

ステージ : 約20団体によるパフォーマンス

日本やベトナムの踊り・祭り・演奏、アニソン・ご当地アイドルLIVEなど

来場者数目標 : 120,000人/ホーチミン会場 2日間(2014年実績105,000人)

および参加人数 : 50社(団体) 70ブース

日本からの参加目標 1,000名

ここを約1時間視察致しました。暑くて立っているだけでも辛いですが各ブースを見て回りました。若い青年達が列を作って日本製品、企業紹介、日本フーズを見ており日本に対しての知名度はかなり深く素晴らしいジャパンフェステバルでありました。


昼、北口道議のご子息さんがホーチミンでサッカーを少年達に教えておられています 。2年前にお会いしていますが彼のご案内でレストランで昼食とり近況などいろいろ教えてくれました。北口親子の邪魔をしたような感じで申し訳思っておりますが助かりました。




午後、日曜日でもあり、市内視察、有名なキリスト教会を廻り結婚式を挙げた二人の記念写真風景が廻りで行われました。中央市場、市役所政府、ベトナム戦争記念館など視察しました。



16日、午前、ホーチミン市女性文化会館へ訪問致しました。

北海道理容美容学校がこの4月にホーチミン市女性文化会館と提携して、北海道RIBIベトナム校講座を設立されたこともあり視察致しました。

ベトナム戦争後、女性の自立して社会参加できる応援体制でホーチミン市女性文化会館を設立し、ファション、ヘァーカット、メイク、ネイル、料理、アクセサリー製作、フラワーデザイン、ダンスの教室に、午前の部、午後の部、午前午後通しの3部授業をされ7000人の学生が通っております。日本円で月3000円から4500円位です教室も拝見しましたが、女子も若い人も年齢の少し行った方も、男子も一部学んでおりました。みなさん明るく授業を受けておられました。私はネイル授業の実験台にもなりました。

視察後、フン所長は公務員ですがいろいろ懇談も致しましたが、「ベトナムの女性がここで職業訓練をうけて社会で自立できるように願っていますし、この度も北海道理容美容学校と連携して高度な美容技術を身に着けて行きたいと願っている」今後北海道とも様々な連携を深めて行きたいとも言っております。




昼食後、統一会堂で開催される、北海道ビジネスセミナーインホーチミンへ参りました。これまで、中国を中心として環境汚染等課題解決への協力を通じ道内企業のビジネスチャンスを拡大するため、道庁が商談会を開催致しました。

今回、ホーチミンに於いて環境・健康・高齢者福祉分野をテーマに道内企業の技術やノウハウを紹介するビジネスセミナーである。

道内から、5社出展致しました。 北国生活社(札幌)イチエイ山田建設(帯広)帯広住設(帯広)柳月(音更)江戸屋(帯広)です。

ベトナム側は21社参加しました。

開会式では、経済部倉本次長 議会代表釣部勲団長が挨拶致しました。

一度ではなかなかビジネスにはなりませんが、繰り返し行なって行かねばなりません。



ホーチミンイオン店を視察致し、現地の社長から説明を受けました。

東南アジア戦略を考えておられ、人口比率、高齢化などどの国がいつごろまで成長して行くのかも含め調査され、それに基づいて総合戦略を考えておられます。

飛行場近くにあるイオン店です。2年前訪問時は建設中でありましたが昨年1月オープンしました。すでにベトナムには3店オープンし、4店目を計画中とのことでした。


夕方のダナン行きの飛行機に乗りました。約1時間少しでダナン到着。

一路ホテルに到着。




17日、朝、ダナン市文化・観光・スポーツ局を訪問致しました。

クァン副局長以下幹部と面談致しました。まだ若い幹部です。

先週、日本に行ってきたとのこと、経団連や日本企業にダナン進出をお願いしてきた。日本とは400年前から友好的な歴史があるゆえに、発展史の可能性がある。

昨年、成田―ダナン便が就航し来年関西―ダナンが就航する。日本からの観光客の増えてきます。近い将来日越交流センターを作る予定です。

2010年では2万7千人の日本観光客、2015年には6万人を迎えたいと思っている。日本人はダナンリゾート観光地として満足していると聞く、直行便が出来たら更に経済・文化・観光交流が増えていくだろう。

2016年アジアスポーツ大会、2017年APAC開催が決定している。

今後も、日本に学び歴史的文化保存を勉強したい。

北海道のことは知っているようでした。今後は北海道とも交流が出来たら良いと強い印象でした。ベトナムに雪が降るかとお聞きしたら降らないと言う、是非、北海道の雪(パウダースノー)を見て欲しいベトナムの方々に見て頂きたいと申し上げました。女性の幹部がニセコに行って来ましたと応じてくれました。


昼まで時間があり、ダナン博物館見学や市民市場を視察致しました。








昼は、ホテルで昼食した後、ダナン市対外局次長兼日本担当課長(マイ・ダン・ヒェウ)以下幹部と面談致しました。

釣部団長から、ダナンの素晴らしいリゾート地から北海道に直行便を飛ばす計画はないのかと尋ねました。

昨年成田から、来年大阪から、北海道も視野に入っています。来年3月にダナンの最高幹部が北海道を訪問しようと思っています。北海道・ハノイ・ダナン経由を考えています。と強い口調で断言しました。

しかし、日本は自由国なのに旅行ビザ規制は厳しすぎる申請を出して1週間も10日も係るので困る。ベトナム人が外国に行くのに中国へは60万人、シンガポールには42万人、タイへは40万人、韓国へは25万人、日本にはわずか11万人である。タイやマレーシアへは2013年に旅行ビザ規制解除している。ベトナム国は社会主義国ではあるが旅行ビザは解除している。日本は社会主義国に見える。

最後に是非北海道札幌で会いましょうと固い握手しました。どちらにしても、来年3月が楽しみである。


夕方から、ダナンから約40分位南にホンアン地区へ旧日本人街(世界遺産)を視察しました。国営お土産店(大規模)を廻りました。蚕から糸を紡ぎ様々な洋服からテーブルクロス、刺繍絵など女工さん達が作っています。案内は日本語の巧い女性、女性です。ともかく一生懸命に売ります、しつこく無く丁寧に、つい買ってしまいます。夜のホンアン街は魅力があります、商店街が並び明かりが点き昔の日本商店街のような懐かしさを感じます。河岸側沿いに大きな書店街が並びます。

その商店街にあるフランス風レストランで食事をしました。

バス駐車場まで、車屋さんに乗せて頂き商店街を廻りながら見物させて頂きました。

一路ダナンのホテルへ約30分で着きました。



18日、昼、ダナン空港からハノイ空港へ、一路ホテルへ

夕方、ビナコミン(ベトナム石炭・鉱山公団)へ表敬訪問を致しました。

ハイ総裁と面会出来ました。もの優しい感じの紳士です。高橋知事や釧路コールマインの中島社長や皆さんに大変お世話になっていることを冒頭感謝申し上げると申されました。釧路コールマインの石炭採鉱技術・保安管理など多くの技術をベトナム炭鉱に供与しています。今後も釧路コールマインの技術供与をお願いしたいとのことです。我々もベトナム国政府に対して日本へ要請するよう活動している。

団員ひとりひとりにベトナムについての感想を聞かたので、私は3回訪越をしていますが、大きくお国が成長されていることに敬意を表し若い方々の活躍が目覚ましい、特に若い人たちが日本語を話されていることは日本にあこがれを持って頂いていると信じています。両国の友好が大きく進んで行くことを確信して頂いております。と申し上げました。総裁は千葉議員の言われている通りです。若い人たちは日本にあこがれ、日本の様々なことを学びたいと思っています。是非、今後も越日友好をお願いしたいですと答えてくれました。まだ、ハイ総裁は北海道にお出でになっていないので来道をお願いしました。分かりましたと返事をして頂きました。


夕食会はビナコミンの国際部長と女性幹部から一行に対して接待を受けました。

和やかに楽しい夕食会でした。

帰り歩きながら街を散策し店を見て廻りました、こんなに暑いのですが店にはマフラーを売っています。ホテルの前の店で珈琲を飲みました、美味しいです。聞くと有名珈琲店でお土産にベトナム珈琲を買いました。


19日、朝、ベトナム航空へ表敬訪問、若い幹部で驚いた、皆20代、30代の男女の幹部である。

すでに、ベトナム航空が本道にチャーター便を飛ばして頂いていますが、北海道とベトナムの直行便をお願いしに伺いました。

ボアン運航計画部長は、日本とは戦略的に重視している更に増設して行きたいと思っている。日本からベトナムへは約1万人がお越し頂いているがベトナムから日本へは15万人が訪れています。インバンド、アウトバンドを均衡あるものにして行きたい。

また、北海道へはチャーター便を飛ばしているが本当に利用して頂けるのか考えている。北海道の皆さんが何処の国に行きたいのかデーターがあれば教えて頂きたい新規開設は経済的効果を考えなければならない。確かに北海度の魅力がある冬だけでなく夏の爽やかさ、桜の時期などベトナム人の観光客は増えて行くと思うが、効率を考えると大型機は飛ばせない小型機になってしまう。と30分の会談でしたがお願いしてきました。



ベトナム越日議員連盟ホアン会長へ表敬訪問致しました。2回目の面談です。

国会開会中にも関わらずホアン会長のご配慮で実現出来ました。

20年国会議員をしていますので会議を後輩の皆さんにお願いして来ました。

だから皆さんとお会い出来ましたとジョークを飛ばして雰囲気を和ましてくれました。日本へは2013年に訪問致しました。

ベトナムと日本も国と国からの関係か地方と地方との繋がりを重視して行きたいと思う。北海道も重視して行きたいと思う。北海道は水産業が盛んでありいろいろ教えて頂きたと思っている。

ベトナム経済も年6、5%以上の経済発展をしている、今は経済再編成、財政的安定して行かなければならない。不動産も良い傾向にあるので頑張っています。

日本のOAD円借款は交通インフラ整備など大きくベトナム発展に貢献して頂いている。



昼食をして、続いて、ベトナム商工会議所へ表敬訪問

ガップ副会頭と面談しました。ロク会頭はAPECの会議で出張中であること。

日本のOAD円借款でベトナム経済発展に大きく貢献していることを感謝したい。

また、環境・経済などまだまだ日本に学んで行きたい。

国際副部長兼経済情報センター長は、日本訪問があるが日本の考え方はベトナム経済発展に大きく貢献しOAD円借款で助かっている。

近年、ベトナムフェステバルなどにも応援して頂いていることに感謝します。

今後は、医師会との連携など経済発展のための意見交換をして行きたい。

又、日本企業受け入れ10万社を準備して行きたい。水産業の受け入れは歓迎したい。

市内、日本語の出来る買い物店を案内される。福田元総理も買い物に来ていると事と写真が貼ってあった。安心させるコツを知っている。


夕食を日本レストランで済ませ、ホテルに帰国の着替えをする。

調節が難しい。チョキと薄いジャンバーを手持ちのバッグへ入れて準備万端ハノイ国際空港へ、2時間前からゲートの中で待機しました。ちょっと辛かった。

夜中の0時25分成田発日本航空で帰国の途に就きました。



20日、早朝、7時過ぎフライト4時間半位で成田です。早いです。

入国を果し、羽田空港へ10時半新千歳空港着、札幌へ2時頃自宅へ着きました。

一風呂浴びて、夜5時、真駒内幼稚園50周年記念式典・祝賀会に出席致し乾杯の音頭を取らせて頂きました。

長い一日が終わりました。


21日はある団体の感謝祭で出席し、2週間にわたる海外出張が無事に終えたこと感謝しました。




22日、運よく休日になりました。


23日、朝、新穀勤労感謝祭へ北海道神宮へ。その後の直会にも出席しました。

夜は、道央技能まつりの式典・祝賀会に出席しお祝いのご挨拶を申し上げました。


24日朝から事務所で書類整理、来客対応に追われました。午後議会へ、打ち合わせ。午後4時 北海道議会トラック振興懇話会と北海道トラック協会副会長さん方とTPPの影響などについて要望懇談を致しました。

その後、大雪ですが年1度、札幌芸者さん方の応援団「いきいき会」(粋き粋き会)が主催する宴会に出席致しました。もう16回続いています。私も世話人の一人で乾杯の音頭を取りました。大勢集まって頂きました感謝です。


25日、明日からいよいよ第4回定例会です。前日委員会で議案の説明を受けます。

9時40分議員総会、10時経済委員会、午後1時新幹線・総合交通体系対策特別委員会に出席。

3時30分石狩管内農業組合長と管内選出道議会議員とTPPに関しての意見交換会を行いました。初めての企画で今後も続けようとしています。


5時、花供養祭、生産者・流通・販売・消費者が一堂に会し1年の花に対する感謝する会第56回目ですが参加しました。切り花品評会表彰などもありました。

祝賀会でご挨拶の機会も頂きました。

乾杯のち、シンガポール北海道事務所へ所長として赴任する堀内さんの送別会を仲間と一緒に致しました。しっかり応援するから頑張って来てください。



26日、朝、議員総会 10時第4回定例会開会です。約60億円の補正予算が提出され、また、全議員提案 飲酒運転禁止条例が可決されました。


27日、朝、上京しました。

午後、安倍晋三事務所、国土交通省海事局を廻り情報収集を致しました。



28日、朝、ミヤンマー祭りに参加致しました。安倍昭恵さんが数年前からミヤンマーの応援をされております。ミヤンマーを訪れた際子供たちの輝く目をみて、将来に大きな希望と夢を抱いている姿を応援したいと考えたそうです。ミヤンマーは公的学校と寺子屋(寺院の中にある)二つの方式が認められています。公的な学校には裕福な子弟が通い、寺子屋は裕福でない子弟が通うとなっていますが、安倍昭恵さんと関係者は裕福でない子供たちのために寺子屋を送り続けています。

安倍総理も超党派で議員連盟をつくり安倍昭恵さんと共に応援しています。

今回で3回目のミヤンマー祭りですが、ミヤンマーの現状を多くの国民に見て頂き応援して頂こうと、日本関係者、ミヤンマー在留人、留学生などが一生懸命頑張っておりました。安倍昭恵さんにお会い出来ましたので先日セミナーにお越し頂いたお礼とミヤンマー祭りのご盛会をお祝い申し上げることが出来ました。



29日、午前午後、ある団体の誕生祭に伺い、皆さんと楽しい時間を送りました。

夜は、月例20日会に出席しました。



30日、事務所で書類整理、来客対応

昼、議員総会 午後1時本会議 一般質問がはじまりました。

夜、友人と忘年会、その後夜9時から、日本中国料理協会札幌支部幹事会忘年会に

出席し若い調理人さん達とゆっくり呑みました。


posted by 千葉英守   |    0 comments